2018年06月15日

幹部会議を行いました

本日、幹部会議が行われました。

幹部会議では、新人研修マニュアルのまとめについてと、ハラスメント対策について、たんぽぽ祭りについてを話し合いました。

幹部会議1.jpg

社長より、
「弊社ではありがたいことに、12月末から今日まで7名の新しいスタッフの方が働いてくれています。
新しいスタッフのお陰で、これまで頑張ってくれていたスタッフの業務の負担も少しずつ軽減され、ご利用者様へより良いサービスを提供することがこれまで以上にできてきていると私は思っています。」
と始まり、全スタッフが楽しく、安心して、自信をもって仕事ができるための取り組みについてのお話がありました。

幹部会議2.jpg

次にハラスメント対策についてですが、代表される「ハラスメント」3つについて今日は話し合いました。
@ セクシュアル・ハラスメント
A パワー・ハラスメント
B マタニティ・ハラスメント

ハラスメントを生まない職場を実現していくために、社員一人ひとりに対してハラスメントとは何か、どのようにしてハラスメントは起きるのか、そしてハラスメントを起こさないためにどうしていけばいいのか、今後も話し合っていきたいと思います。

たんぽぽ祭りについては、まだ未確定なところが多かったので、今後決まり次第詳細をご連絡させていただきたいと思いまするんるん

本日も皆様お忙しい中お集まりいただきありがとうございました。


posted by ハナ at 18:32| konno

グループホーム全体ミーティングが行われました

本日、グループホームは全体ミーティングの日ですぴかぴか(新しい)

GHミーティング3.jpg

社長の挨拶から始まり、高齢者虐待・身体拘束についての研修、来月の行事について、その他連絡・報告でした。

社長からは、「2025年問題」へ向けて、会社としての取り組みについてお話がありました。

GHミーティング4.jpg

研修では、30分の映像を見ました。
映像は、「これが虐待だ!!」という内容のものではなく、日常起こりうるであろうとてもリアルな内容でした。

GHミーティング2.jpg

GHミーティング1.jpg

その他、こちらの資料も改めて配布されました。

手引き.jpg

以前より取り組んではおりましたが、改めて認識を深めることができました。

資料にはこのようなことも記載されておりました。

「身体拘束廃止に向けてまずなすべきこと」 〜五つの方針〜
身体拘束を廃止することは決して容易ではない。看護・介護スタッフだけでなく、施設や病院全体が、そして本人やその家族も含め全員が強い意志をもって取り組むことが何よりも大事である。身体拘束廃止に向けて重要なのはまず、以下の五つの方針を確かなものにすることである。

@トップが決意し、施設や病院が一丸となって取り組む。
Aみんなで議論し、共通の認識を持つ。
Bまず、身体拘束を必要としない状態の実現を目指す。
C事故の起きない環境を整備し、柔軟な応援体制を確保する。
D常に代替え的な方法を考え、身体拘束するケースは極めて限定的に。

今後も利用者さんの立場に立ったケアを目指し、スタッフ一丸となり、よりよいケアを提供していくことが大切なのだと、スタッフみんな初心に帰ったつもりで取り組んでいこうと話し合いました。


七夕.jpg

その他、来月の行事は大イベントとして、「七夕まつり」がありまするんるん
ボランティアさんに踊りを披露していただいたり、スタッフによる出し物や、カラオケ大会もありますぴかぴか(新しい)楽しみですね〜わーい(嬉しい顔)
アジサイ見学は天候も関係してくるので、状況を見ながら見学へ行くということになりましたかわいい

グループホームスタッフの皆さま、お忙しい中、朝から大掃除とミーティング・研修とお疲れさまでした。
より良いサービスの提供をしていけるようスタッフ一丸となり取り組んでまいりましょうグッド(上向き矢印)
よろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)
本日もありがとうございましたexclamation


posted by ハナ at 14:19| グループホーム