2018年01月10日

七草粥

先日私の大好きな「七草粥」でした!

ご利用者様も普段は「おかゆは食べない。」と言っているのにこの時だけは「七草粥!?」と喜んで食べていますわーい(嬉しい顔)
七草はいわば日本のハーブ、そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べものです。また、あっさりと仕上げたお粥は、少し濃い味のおせち料理がつづいたあとで、とても新鮮な味わいぴかぴか(新しい)

七草粥2.jpg

ご利用者様もみんな美味しい美味しいとおかわりが続出するほどですわーい(嬉しい顔)
「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」の七種類で、ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。この七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。

七草.jpg

七草の種類は時代や土地によって異なりますが、こちらの地域では、上の七種類を色を保つためにお塩を少々入れてさっと茹でて、細かく刻み、おかゆに混ぜてお塩で味を調えます。
ゆずの皮を刻んでお好みで上に少しのせるとおしゃれな出来栄えにぴかぴか(新しい)

七草粥ゆず.jpg

いつの時代もどんな土地でも、年頭にあたって豊年を祈願し、「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながらお粥をいただくその気持ちに差はありません。

皆さんも七草粥食べてみてくださいね♪

posted by ハナ at 14:28| 日記