2018年02月23日

感染予防と対策についての研修会

2月22日(木)18時より、「株式会社あかね福祉」様による感染予防と対策についての研修会をデイサービスセンターたんぽぽでおこないました。

IMG_0124.JPG

研修内容はとても勉強になり、改めて感染予防と対策について考えさせられることばかりでした。
ご講演いただきました株式会社あかね福祉 S様ありがとうございました。

IMG_0136.JPG

感染症は、原因となる病原体や感染経路が異なりますが、基本的な予防方法は同じです。

例えば、インフルエンザ(季節性)の感染経路は次の2つです。

飛沫感染
感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出
別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染
(*主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所)

接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえる
その手で周りの物に触れて、ウイルスが付く
別の人がその物に触ってウイルスが手に付着
その手で口や鼻を触って粘膜から感染
(*主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど)


IMG_0143.JPG

そこで、ドアノブやスイッチにブラックライトに反応するクリームをウィルスに見立ててこっそり塗っておき、どのくらい手をきれいに洗っているか抜き打ちチェックしました目ぴかぴか(新しい)

IMG_0153.JPG

べったりついているとこのように反応しますexclamation

IMG_0161.JPG

それぞれ自分の手にのこっているクリームを見てびっくり!気を付けなければいけないと改めて気が引き締まる思いでした。

最後集合ぼかし.jpg

私たちは毎日、様々なものに触れていますが、それらに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。

ウイルスの体内侵入を防ぐため以下のことを心がけましょう
•外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗う
•ウイルスは石けんに弱いため、次の正しい方法で石けんを使う

hand_arai.jpg

まとめ
「感染予防の3原則」
1.感染源(菌)を持ち込まない
   施設の入り口で、除菌する(手指消毒・うがい等)
2.感染源(菌)を拡げない
   1ケア1手洗いの実践、施設内環境の整備(手すり、ドア等の除菌)
3.感染源(菌)を持ち出さない
   外出、帰宅時前に、施設内での除菌対策の実施

具体策として
◆出入り口への手指消毒、うがい薬、マスクの設置
◆洗濯時の除菌対策(ご利用者様、スタッフ双方で)
◆食事時の除菌対策(手指、テーブル、食器等)

S様をはじめ、スタッフの皆様、遅くまでの研修会ご参加いただきありがとうございました。お疲れ様でした。
早速明日から活用していけるよう意識し取り入れていきましょうぴかぴか(新しい)
posted by ハナ at 11:23| konno