2018年05月18日

AED講習を行いました

本日グループホームでセコムさんにAEDの講習をしていただきましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

そもそも「AED」とは?

aed_ph001.jpg

AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
AEDは、操作方法を音声でガイドしてくれるため、簡単に使用することができますexclamation

AED1.jpg

また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっています。

2014年中に一般市民の方がAEDを使用した事例は、なんと、1,664件もあるのだそうです!

AED2.jpg

AEDは簡単3ステップ 音声ガイドに従って操作しますexclamation
1.フタを開けると 自動電源ON

AED5.jpg

2.電極パッドを胸に貼る
3.ボタンを押して 電気ショック

AED4.jpg

電気ショックは心室細動であれば、どんなときでも成功するものではありません。
時間との勝負です。一分一秒でも早く電気ショックを行うことが重要ですexclamation
電気ショックの成功率は成功の可能性が1分ごとに約7〜10%も低下するのだそうです。
日本では、救急車の到着まで平均約8.5分らしく、グラフから見ると、8分時の成功率は20%です。

aed_il003.gif

救急車が到着する前に傷病者の近くにいる私たちがAEDを使用して電気ショックをできるだけ早く行うことが重要になりますねひらめき

life_il003.jpg

AED3.jpg

心停止や呼吸停止となる可能性のある傷病を未然に防ぐことが重要ですexclamation心停止の可能性がある方を発見したら、できるだけ早く119番通報を行い、できるだけ早く胸骨圧迫・人工呼吸を含む心肺蘇生を実施しAEDを用いて電気ショックを行い、できるだけ早く医療機関で処置をすることが、大切な命を救うことにつながります。

AED6.jpg

life_il001.gif

セコム様、本日は貴重な講習をしていただきありがとうございました。
そして、皆様お忙しい中講習ご苦労様でした。

講習と違い、実際の現場は出血があったり、損傷がひどかったり、状況が劣悪だったりと考えると講習どうりにどの程度できるのか、考えてしまいますが、今後も定期的に講習をうけて、もし現場に遭遇した場合には、とにかく落ち着いて、教えて頂いた事を思い出しながら行動に移していきたいと思いましたひらめき





posted by ハナ at 18:28| グループホーム